0%

ムビチケオンライン券発売中 eメール型映画前売り券 ムビチケカード らくらくネット通販 Filmarks Filmarks
  • Director GUSTAV MÖLLER

  • STAFF

グスタフ・モーラー(監督・脚本)

1988年 スウェーデン・ヨーテボリ生まれ。2015年にデンマーク国立映画学校を卒業し、卒業制作『In Darkness』はハウゲスンで行われるノルウェー国際映画祭でネクスト・ジェネレーション賞を受賞する。本作は長編デビュー作である。

  • リナ・フリント(製作)

    2015年にデンマーク国立映画学校をプロデューサーとして卒業。卒業直前に初長編『The Elite(原題)』(トマス・ダネスコヴ監督)をプロデュースし、同時期にNordisk Film A/S内に新人発掘の部署Springを設立。本作はNordisk Film Springが製作した最初の作品である。

    エミール・ナイガード・アルベルトセン(脚本)

    1988年 イギリス・ロンドン生まれ。2013年にデンマーク国立映画学校を卒業。デンマーク放送協会のテレビシリーズを2本手がける。『The Guilty』は2本目の長編。

    ジャスパー・スパニング(撮影)

    1987年デンマーク・コペンハーゲン生まれ。デンマーク国立映画学校を2015年に卒業。在学中に初長編『The Elite(原題)』を撮影し、2015年CPH PIX映画祭でグランプリを受賞している。

  • カーラ・ルフェ(編集)

    1989年生まれ、デンマーク・コペンハーゲン在住。フィクションからコマーシャルまで、手がけてきた作品は多岐にわたる。2015年にデンマーク国立映画学校を卒業。すぐにビル・アウグストやマーティン・ワーナー監督の下で働き、スカンジナビアを代表する若手編集者の一人としての地位を確立する。登場人物の心情や展開のタイミングなどを見逃さない確かな才能が認められ、スカンジナビア映画業界で評価は高い。

    オスカー・スクライバー(サウンドエディター)

    サウンドエディターとしてデンマーク国立映画学校を2011年に卒業。これまでに、『A Hijacking(原題)』(トビアス・リンドホルム監督)、『コールド・アンド・ファイヤー 凍土を覆う戦火』(オーレ・ボールネダル監督)、『エイプリル・ソルチャーズ ナチス・北欧大侵略』(ロニ・エズラ監督)、『あなたの腕で抱きしめて』(サマノウ・エシュシュ・セールストラム監督)、『Luis and The Aliens(原題)』(ウルフギャング・ローエンシュタイン監督)、そしてアカデミー賞にもノミネートされた『ある戦争』(トビアス・ロンドホルム監督)など数々の長編映画やテレビドラマを手がけてきた。

  • CAST

  • Asger Holm JAKOB CEDERGREN

ヤコブ・セーダーグレン(アスガー・ホルム役)

スウェーデン生まれ、デンマーク育ち。2000年にデンマークのミニシリーズ『The Spider(原題)』(オーレ・クリスチャン・マセン監督)でブレイクして一躍有名となる。それ以来、国内外の映画、テレビ、舞台など数々のプロジェクトに参加してきた。最初に参加した海外映画の一つが2009年のサリー・ポッター監督の『Rage(原題)』である。2005年にはEFP(European Film Promotion)のプログラムでシューティング・スターに選ばれている。『Terribly Happy(原題)』(09/ヘンリク・ルーベン・ゲンツ監督)でデンマークアカデミー賞と批評家協会賞の男優賞を受賞。『Submarino(原題)』(11/トマス・ヴィンターベア監督)と『Sorrow and Joy(原題)』(14/ニルス・マルムロス監督)ではデンマークアカデミー賞と批評家協会賞の男優賞に、『Submarino(原題)』(11)ではヨーロッパ映画賞の主演男優賞に、『Across the Waters(原題)』(17/ニコロ・ドナート監督)では助演男優賞にノミネートされている。

  • イェシカ・ディナウエ(イーベン役)

    1993年生まれ。デンマーク国立舞台芸術学校を2016年に卒業。演劇で多くの経験を積み、『The Man(原題)』(17/シャーロット・シーリング監督)と本作を含む3本のデンマーク長編映画に出演している。

    ヨハン・オルセン(ミケル役)

    1969年コペンハーゲン生まれ。本作で長編デビューを果たす。役者以外にもコペンハーゲン大学の生物学者、デンマークのロックバンド(2組)のリードボーカルという多彩な顔を持つ。

  • オマール・シャガウィー(ラシッド役)

    1974年生まれ。コペンハーゲンでデンマーク人の母親とパレスチナ人の父親に育てられて育った。独学で監督業を学び、以前は写真家としても活躍。『Go with Peace Jamil(原題)』(08)で監督として長編デビューを果たしている。