0%

犯人は、はんにんは、音の中に、おとのなかに、潜んでいるひそんでいる
ムビチケオンライン券発売中 eメール型映画前売り券 ムビチケカード らくらくネット通販

THE GUILTY ギルティ

2/22(Fri)
事件解決のカギは電話の声だけ。88分、試されるのはあなたの<想像力>
Filmarks
NEWS
  • 映画公式Twitter
  • ファントム・フィルム 公式facebook
  • ファントム・フィルム 公式LINE

第91回アカデミー賞®️外国語映画賞 デンマーク代表 『セッション』『search/サーチ』に続き、サンダンス映画祭観客賞受賞作品 全世界熱狂

レビュー

全世界熱狂

INTRODUCTION

見えない事件が見えてくる これは誰も体験したことがない、新感覚サスペンス

「電話からの声と音だけで、誘拐事件を解決する」というシンプルな設定ながらも、予測不可能な展開で観る者を圧倒させ、第34回サンダンス映画祭では、『search/サーチ』(NEXT部門)と並び、観客賞(ワールド・シネマ・ドラマ部門)を受賞。その後も第47回ロッテルダム国際映画祭 観客賞/ユース審査員賞、第44回シアトル国際映画祭 監督賞の受賞などに加え、世界中の映画祭で観客賞を総なめにした。第91回アカデミー賞®外国語映画賞 デンマーク代表にも選出され、早くも2019年上半期の映画界を席巻する作品としての呼び声が高い。本作が長編映画監督デビュー作となるグスタフ・モーラーは「音声というのは、誰一人として同じイメージを思い浮かべることがない、ということにヒントを得た。観客一人ひとりの脳内で、それぞれが異なる人物像を想像するのだ」と語る通り、人間の想像力を縦横無尽に操るという全く新しい映像表現を見事成功させた。
視覚情報がない中、劇中に溢れる様々な“音”の中から、犯人を見つけ出すことができるのか―。これはあなたの予想を遥かに超える、未だかつてない映画体験となる。

STORY

人間が聴覚から得られる情報は、わずか11% あなたの<想像力>はその限界を超えられるかー

緊急通報指令室のオペレーターであるアスガー・ホルム(ヤコブ・セーダーグレン)は、ある事件をきっかけに警察官としての一線を退き、交通事故による緊急搬送を遠隔手配するなど、些細な事件に応対する日々が続いていた。そんなある日、一本の通報を受ける。それは今まさに誘拐されているという女性自身からの通報だった。彼に与えられた事件解決の手段は”電話”だけ。車の発車音、女性の怯える声、犯人の息遣い・・・。微かに聞こえる音だけを手がかりに、“見えない”事件を解決することはできるのか―。

犯人は、音の中に、潜んでいる
傑作!ナンバーワン!激推し!著名人からの絶賛の声!

敬称略・順不同

こりゃ、たまげた!
あの『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』の上をいく!
今年一番の、ヤラレタ映画だ!

ゲームクリエイター小島秀夫

2019年の「この手があったか!」映画のナンバーワン候補!
まったく先が読めない展開と、胸を深くエグってくる顛末に唖然

映画・音楽ジャーナリスト宇野維正

一目瞭然の傑作です! 観たあとでいっぱい語り合いましょう。
予備知識ナシで臨むのがベストの映画として、
個人的には『カメラを止めるな!』より激推しです!

映画評論家森直人

電話の“向こう側”で進行する事件の衝撃的な成り行きに息をのみ、“こちら側”であぶり出される真実に胸を衝かれる。その罪の重さ、切なさ。何たる見事なひねりと深みに富んだ脚本に基づくサスペンス映画だろう!

映画ライター高橋諭治

電話越しに聞こえる少女の叫びが、通報を受けた男の人生を変える。
手法の斬新さだけではない。
事件の真相とともに、主人公の欺瞞や悔恨をあぶり出していく、
エモーショナルな人間ドラマだ。

編集者/ライター門間雄介

映像以上に想像力がかきたてられる、刺激的な作品。
上質な推理小説を読破したときの心地よい倦怠感は、まさにGUILTYです。

ライター/インタビュアーオオサワ系

受話器を通じて聞こえてくる音に、世界のすべてが凝縮されて存在している。
シンプルだけど、圧倒的な想像力。

作家/ジャーナリスト佐々木俊尚

超圧倒的な『聴く映画』の誕生!!
耳かっぽじって観ろ!!

漫才師/ラジオパーソナリティーダイノジ大谷ノブ彦

今旬なのは「ワンシチュエーションくくり」
ほぼ電話のみの展開は、まさに傑作!!
この映画を観た後、実生活で電話するのが怖くなる。。

映画コメンテイター有村昆

恐るべき才能のグスタフ・モーラー監督の必要最小限の映像と音を受け止め、
観客は電話の向うのシーンの監督になる!
観客の数だけ映画はある!凄い映画を観た!“罪”な映画だ!

小堺一機

サンダンス映画祭 観客賞受賞 世界中の映画祭で観客賞を総なめ
  • 第91回アカデミー賞®
    外国語映画賞デンマーク代表

  • 第47回ロッテルダム国際映画祭
    観客賞、ユース審査賞

  • 第44回シアトル国際映画祭
    監督賞

  • 第14回チューリッヒ映画祭
    審査員賞

  • 第23回ストーニー・ブルック映画祭
    観客賞

  • 第7回モントクレア映画祭
    観客賞

  • 第15回バルト・デビュー映画祭
    作品賞

  • 第26回カメリメージ映画祭
    最優秀監督デビュー賞

  • 第15回ミシュコルツ国際映画祭
    エメリック・プレスバーガー賞
    国際エキュメニカル賞

  • 第17回トランシルヴァニア国際映画祭
    観客賞

  • 第63回バリャドリッド国際映画祭
    脚本賞、ゴールデン・ブロゴス賞

  • 第59回テッサロキニ国際映画祭
    観客賞、男優賞

  • 第32回ワシントンDCフィルムフェスト
    審査員賞

  • 第27回フィラデルフィア映画祭
    特別賞